2016/03/21

こどもたちに伝える、スイーツプランナーの仕事

先日、『見たい!知りたい!たくさんの仕事③ お菓子が好き』
という1冊の本が手元に届きました。
(こどもくらぶ 編/WAVE出版 発行)
























この本は、世の中にはいろいろな仕事があることを
まず知ることで、子供たちが興味を持ったり
自分のやりたいことは何なのかを考えてもらうきっかけに
したりしてほしい、という思いで制作されているシリーズ本です。

1巻は動物に関する仕事、2巻はスポーツ関連の仕事、
そしてこの3巻はお菓子に関する仕事として
ショコラティエ、スイーツプランナー、ヴァンドゥース、
食品サンプル職人 の4名について紹介しています。
読者となるのは主に小学校中学年以上の子供たちで、
学校の図書館などに入る本とのことです。


昨年の秋、編集部の方からご連絡があり、
私の仕事“スイーツプランナー”について取材をしたい
というお申し出を頂きました。

計8ページ、スイーツプランナーという仕事の内容や、
ある日の仕事の流れ、なるにはどうしたら良いか、
私からのアドバイス・・・といった内容でご紹介頂いています。
(下の写真はその一部です)






私が関わる業務は「スイーツ」に関することですが、
具体的な内容としては、商品開発やイベント、
学校での講義、その他いろいろ・・と多岐に渡るため、
子供たちにわかりやすく伝えられるよう
編集部の方と何度も打合せを重ねました。

先日ようやく完成し、この春から小学校を中心に
図書館の書架に並ぶそうです。


私自身、子供の頃からお菓子作りが本当に好きで、
割と早い段階で、将来はお菓子屋さんになろう、と考えていました。


この本には、私を含めて4名の「お菓子関係の仕事人」が出ています。
子供たちが、少しでもお菓子の仕事に興味を持つきっかけになれば嬉しいです。

一般の書店には並ばない本だそうなので
お手に取る機会が限られるかもしれませんが、
もし図書館などで見かけましたらご覧ください。


●この本の情報
『見たい!知りたい!たくさんの仕事③ お菓子が好き
(ショコラティエ、スイーツプランナー、ヴァンドゥース、食品サンプル職人)』

編    こどもくらぶ
発行所 WAVE出版

2016/03/20

ショコラ de イースター 2016

3/20(日)、3/21(月・祝)の2日間、
“イースターの楽しみを日本に広めたい”という思いで、
フランスのチョコレートメーカー「ヴァローナ」がイベントを主催。

『36名のパティシェによるショコラ de イースター展』が
代官山T-SITE GARDEN GALLERYにて開催されています。

●2016/3/20(日) 10:00~20:00
       21(月・祝) 10:00~17:00
 代官山T-SITE GARDEN GALLERY


昨日、ひと足先にプレスパーティーに伺いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イースター(復活祭)はキリストの復活を祝うお祭りであり、
また春の訪れを皆で喜び合うお祭り。
フランス語では「パック」といいます。

移動祝祭日のため毎年日付が変わります。
今年のイースターは3月27日(日)。そのイースターに向けて
特に欧米では、イースターのシンボルである「卵」や「うさぎ」
「魚」「にわとり」などを形どったチョコレートが
お菓子屋さんやチョコレート屋さんの店頭を賑やかにしてくれます。



今年は、フランスのチョコレートメーカー「ヴァローナ」により
『36名のパティシェによるチョコレート展』が開催。
「イースターエッグ」をベースに、36名のパティシェが
思い思いのチョコレートオブジェを制作。


同じテーマなのにこれだけ異なる表情の作品になるとは・・・!
パティシェ、ショコラティエたちのクリエイティビティに驚きました。







36名それぞれの個性が詰まったイースターエッグは
チョコレートの芸術作品。
全ての写真を載せてしまうと見に行く楽しみが少し減ってしまうかな?
と思いますので、ここではごく一部を掲載させて頂きました。


今回は2日間という短いイベントですが、
春の訪れを皆でお祝いする「イースター」という文化。
可愛らしいタマゴやうさぎなどのチョコレートを
友達や家族へプレゼントし、一緒に楽しむ習慣が
日本でも少しずつ広まるような気がしています。


2015/11/16

東京チョコレートショー2015での「ウイスキー&ショコラ マリアージュ講座」開催

今年で第2回目のチョコレートイベント、「東京チョコレートショー」
11月26日(木)~29日(日)まで、原宿・表参道で開催されます。

その中で、「ウイスキー&ショコラのマリアージュ」セミナーを開催することになりました。




お申込み・お問合せはこちらの
「東京チョコレートショー」のページをご覧ください。


~以下、セミナーの概要です~ 
(※通常、弊社で実施している「アーテリジェントスクール」の内容より
コンパクトな講座となりますが、初心者の方でもマリアージュをお楽しみ頂ける
内容となっております。イベント内での講座のため、イベント入場チケットが
別に必要になりますので、何卒ご了承ください。)

<気軽に学ぶ、初心者のためのウイスキーとショコラのマリアージュセミナー開催概要>
●日時
11/28(土) 19:00〜20:15(定員20名)

●講師
ショコラコンシェルジュ®平田 早苗(株式会社ポットラックインターナショナル)

●受講料(教材費込)
3000円(銀行振込にて、お申し込み後5日以内にお支払下さい。)
※別途東京チョコレートショー入場券が必要になります。ご注意ください。

●内容
ウイスキーとショコラのテイスティング(各3種類を予定)、テキスト等教材代、ウイスキーのウェルカムドリンク、グラスのお土産付き

●注意事項
20歳以上。お酒を試飲しますので、お車でのお越しはご遠慮下さい。また、テイスティングをしますので、香水等にはご配慮いただきますようお願いいたします。

●会場
表参道ヒルズ 本館 B3F スペース オー ワークショップ特設エリア

●お申し込み
先着順にて受け付け。(応募多数の場合は、キャンセル待ち扱いとなります。)

2015/11/13

ドゥバイヨル/2015-2016 冬商品(クリスマス~バレンタイン)

「ドゥバイヨル」は、ベルギー・ブリュッセルにアトリエを構える
老舗のパティスリー、ショコラティエ。

チョコレートの本場・ベルギーの味わいを大切に、
日本でもそのおいしさが味わえるメゾンとして人気です。

味わいに加え、毎シーズンの新作が楽しみな理由はそのデザイン性。
ファッション界で世界を飛び回るデザイナー、レインヒルド ジーレンさんが
手掛けるデザインは、エレガントでありながらどこか遊び心があり
独特の世界観がありますね。

ショコラに描かれる絵や、それを包むパッケージ(箱)のデザインがとても素敵で、
特に女性へのプレゼントに喜ばれるブランドだと思います。

●2015年のクリスマス向けスペシャル アソルティ

「雪が降り積もるクリスマス ツリー」、「クリスマスのオーナメント」、
ドゥバイヨルのイニシャル「D」のイニシャルをモチーフにした
計3種類のデザイン。




クリスマスツリー(茶色いショコラ)はスペキュロス ビター。ベルギーらしいショコラ。

クリスマスのオーナメントをデザインしたピンクのショコラは、
ヘーゼルナッツのプラリネ入りミルクチョコ。

「D」のイニシャルをモチーフにしたデザインのショコラは、
ジンジャー ビター。想像していたより生姜味がピリリと辛く、
ビターチョコと相まって刺激的な大人の味わい。

この3種に、定番の2種類を加えて計5種類のショコラが、
下記のパッケージに。
インスパイアされたのは18世紀のヨーロッパの宮殿。
美しい庭園がデザインされています。




●2016年のバレンタイン向け

こちらのパッケージは、ドゥバイヨル初というラウンド型。

18世紀にナポリ王国によって建てられたガゼルタ宮殿に
インスパイアされたコレクション。
ピンクとグリーンの2色の箱は、「魅惑の迷路」をデザインした
美しいフタに白いリボンが施されています。
































上から4個入り、6個入り、9個入りの展開。




















中に入っているショコラは、
ヘーゼルナッツのプラリネやアーモンドのプラリネ、
キャラメル サレのミルクチョコ、エスプレッソのガナッシュ・・・など
バラエティに富んだショコラの組合せ。

9個入りのボックスにだけ、赤いハートのショコラが入っています。


食べ終わった後の箱も、重ねてとって置いておきたい感じですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クリスマスの「ショコラ アソルティ デリカ」は11月12日~12月25日の発売、
バレンタイン向けのボックスは年明け、バレンタイン前の発売です。




2015/09/25

スイーツ記事の連載/月刊「コンビニ」10月号

コンビニ業界の専門誌、「月刊 コンビニ」10月号が9/24に発売。

この中でスイーツのトレンド等について解説する
「スイーツ日記」の連載を担当させて頂いています。

■月刊コンビニ10月号
http://shogyokai.co.jp/conv/shosai/index.php


今月号は、東陽町にあるパティスリー「エクラデジュール」の
「マカヨン」という商品について執筆。

見た目がクレヨンのようなユニークな商品で、
もちろん可愛いだけではなく味もおいしい。


マカロンの進化がまだまだ続きます!


業界専門誌なので、なかなか近所の書店にないかもしれませんが、
もし機会がありましたらご覧ください。





2015/09/18

チョコレート・ココア国際栄養シンポジウム

本日は、日本チョコレート・ココア協会主催の
「第20回チョコレート・ココア国際栄養シンポジウム」へ。


第20回という節目の開催に当たり、
実行委員長の木村 修一先生(東北大学名誉教授)から
将来の研究に期待する領域について提言がありました。

その中で、高齢者の認知症の抑制に関するチョコレートの影響について
広範な調査研究をしてはどうか、というものは
特にこれからの社会に役立つ研究として
大いに期待されるのではないかと感じました。


結論が得られるまで、長期間また広範に渡り
研究を続けていくのは本当に大変なことだと思う。
でも、チョコレートをおいしく食べながら、
認知症の抑制や改善など、少しでもリスクを減らすことに繋がれば
それは本当に素晴らしい!



今日のシンポジウムでは、特別講演を含め計5つの
チョコレートに関する様々な研究結果が発表されました。

嗜好品としておいしさを楽しむことはもちろんのこと、
健康にもプラスになる効果が、今後の研究で
さらに解明されることを心より期待しています。


■チョコレート・ココア国際栄養シンポジウムの概要は
こちらの「日本チョコレート・ココア協会」HPに掲載されています。





2015/09/13

9月のショコラ講座(六本木ヒルズ アーテリジェントスクール)

夏季にお休みしていたショコラ講座を久々に開講。

本日は、六本木ヒルズアーテリジェントスクールにて
「大人のためのウイスキー&ショコラ講座」の日。




























第一部のショコラ講座は、基礎的な知識を学びつつ、
5種類の産地別カカオのチョコレートテイスティング。

同じ産地でも作り手が変われば異なる味の製品になるため、
一概に産地だけではくくれないけれど、
まずはいろいろなチョコレートを試食し
異なる味わいを体感していきます。

第二部では、世界の5大ウイスキーをテイスティング。
カナディアン、アメリカン、スコッチ、アイリッシュ、
そしてジャパニーズ。
サントリースクールの先生から基礎的なレクチャーを受け
5種の味わい比較することで、自分の好みも見えてくるはず!

そして第三部はボンボンショコラとウイスキーのマリアージュ。
5種類のウイスキーに合わせて、それぞれとの相性を楽しめる
ボンボンショコラ5種を提案。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
来年のバレンタインにかけて、
ウイスキーや日本酒を使ったショコラなど
「ショコラとアルコールのマリアージュ」は
引き続き注目のトレンドになりそうです。


また次回の講座開催が決まりましたらご案内します!